HOME > スタッフブログ > 未分類 > スプリンクラー設備

スプリンクラー設備

コーニッシュグループ

本日は、スプリンクラー設備のおはなし。

スプリンクラー制御弁。

廊下でよく見る扉です。

扉を開けるとスプリンクラーの制御弁があります。

スプリンクラーは水の管が各階にきてて、それがこの扉の中で分岐して該当階の各スプリンクラーのヘッドに

つながってます。

ここには3つの弁があります。

ヘッドへの水の流れを開閉する弁(バルブ)。常時開。

管の中の水を排水する弁(バルブ)。常時閉。

ヘッドから水が流れるのを検知する弁(コック)。常時開。検知すると地下機械室のポンプが動き出す。

通常はさわらなくていいけど、万が一、スプリンクラーのヘッドが誤って暴発した場合は地下にあるポンプを 

止めるとともに、3つの制御弁を逆にして、水をヘッドではなく排水管の方へ流してやる必要があります。

それでも、該当階にある管の中の大量の水は暴発したヘッドから噴出しつづけるので消火栓のホースをあてがっ

てバスルームに排水するとかしたほうがいいかもしれない。

経験ないけどね。

ラインビルド

未分類の一覧に戻る